在宅副業と稼ぎ方

在宅で可能な副業を知り、隙間時間で挑戦しよう。

今年は諸事情により、在宅ワークをせざるを得なかった方は多かったのではないでしょうか。
そんな状況で人気なのが『在宅での副業』。会社を離れて余暇時間ができると、副業に目を向けるのは当然のことなのかもしれません。今日は『在宅での副業』について紹介します。

 目次

在宅で可能な副業一覧

   ○ アフィリエイト

収益化方法は、ホームページやブログを作成し、広告を貼り付けて、閲覧者へ商品紹介をすることで稼げるようになります。

上記はざっくり書きましたが、ホームページやブログの質、閲覧者数などにより、大きく広告料などは変わってきます。しっかり稼ぐためには、たくさんの人に閲覧してもらえるように、見やすいレイアウトを作成することもさることながら、SEOといった検索システムを学ぶ必要があります。

また、収益化条件も広告クリックのみのものもあれば、実際に物販として売り上げが上がったときに収益が上がるものもあります。

   ○ youtuber

『子供がなりたい職業ランキング』などでトップ10に上がる人気職にもなってきたyoutuber。時代の流れと共に、勢いづいてきた職業のひとつですが、副業としても人気になってきています。。

収益化条件としては『チャンネル登録者数1000人以上』『総再生時間4000時間』が設定されています。

収益化の構造としては上記条件を満たすと、広告を貼り付けて収入とすることができます。また、再生数そして再生単価に応じた収入も得られるようになるようです。

   ○ ポイントサイト

今でも『お小遣いサイト』として人気のポイントサイト。こちらも副業として人気があります。

収益化方法としては広告をクリックする、アンケートに答える、抽選を引くなどによりポイントが取得され、任意のポイントを換金するといったものが多いようです。

またポイントサイト経由での商品やサービス購入で、割引で買えるものもたくさん掲載されていて、節約といった点でメリットもあります。

在宅副業の注意点

副業はあくまで副業。本業をおろそかにしては意味がありません。また、副収入の発生による手間もいささか増えます。それら注意点について、具体的に見ていきましょう。

   ○ 副業に関する費用

まず副業に要する費用について。アフィリエイトの開始にあたっては、無料ブログなんかから始めることも可能です。しかし長く稼ごうとすると、レンタルサーバーを契約して、ブログの運営をしていく必要も出てきます。レンタルサーバー契約は初期費用数千円、月額千円程度のコストになります。

youtuberに関しても、動画作成にはスマホやパソコンで、無料の動画作成アプリを用いればコストはかかりません。しかし、動画での表現方法を上げようとすると動画作成ソフトを購入したり、きれいな映像や音声を入力するためにはカメラやマイクといった専用機材の購入も必要になってきます。それら機材の価格はピンキリです。相場やレビューを見て、自身で可能なものを導入しましょう。

   ○ 副業に関する時間

次に時間について。アフィリエイトを継続しようすると、毎日記事を作成することとなります。記事内容に関する情報収集、記事作成などに要する時間は少なくとも1時間程度はかかると考えておきましょう。慣れてくると記事のテンプレートが自身で整うので、少しずつ記事作成時間は下がってきます。

youtuberだと動画作成に時間を要します。自身もyoutubeへ少しずつ動画投稿をしていますが、10分程度の動画を作るのに1、2時間は要しています。これも慣れにより作成時間も減少することでしょう。

また、アニメーションや料理、ペット動画、プレゼン動画などコンテンツ内容により要する時間も大きく変動するということも付け加えておきます。

   ○ 雑所得としての申告も忘れずに

これは副業全般にいえることですが、収入が発生したら申告する義務があることも覚えておきましょう。

たとえば雑所得だと『20万まで控除があり申告不要』という認識の方もいるようですが、住民税の申告は別途必要となっています。

安定して長く副業を続けようと思うなら、節税も含めてしっかりと税金について勉強していきましょう。

人気の在宅副業。稼ぐためには日々情報収集、余裕時間や余裕資金を準備して挑みましょう。

Pocket