転職と副業を成功させて自由な生活を手に入れよう。

       

転職と副業を成功させるためのメソッドを投稿していきます。

今日のお題は『転職と副業の大切さ』について。転職や副業を意識するのとしないのとでは人生で大きく差がついてきます。自身のパフォーマンスを最大化するためにも、本記事でぜひ意識改革を行いましょう。

 目次

転職活動の必要性と勇気

○ 転職と就業満足度

自身の転職経験として大卒新卒でメーカー就職。その後、専門校を経て医療職を二社経験。その際の異業種への転職、社会人入試、転職エージェントの利用などを経て今に至ります。

そして転職経験を経てストレスも軽減され、年収アップも実現しました。

新卒で入社した会社で満足している人はそれで構いません。
でも世の中を見渡してみると満足度の高いサラリーマン生活を送っている人ばかりではないでしょう。

○ 勇気を出して転職へ踏み出すために

また不満があれど、転職には少なからず労力がかかり勇気がいります。

くわえて自身の客観的な労働力の価値を知らずして、転職活動に成功はありません。

ではどうやって自身の客観的な労働力の価値、つまり適正年収を知るか。
それは厚労省などの発表している平均年収を知ることです。

目標年収と転職活動を知る

○ 専門職と平均年収

ちなみに私は理学療法士というマイナーな医療職の従事者です。
直近の調査だと、この職種の平均年収は410万程度。
全職種の平均からすると中の下ってところです。

ちなみにあなたは自身の職種の平均年収をご存じですか。
平均年収を知ると、自身が割安に働かされているか、逆に高く買ってもらっているかを把握できます。

○ まずは数年から数十年のキャリアを思い描く

世間の平均年収を把握して、どう動くべきか。やるべきことは、まず自身がこれから数年もしくは数十年に渡って、どんなキャリアを描くか考えてみることです。

そしてキャリアを意識することで

・転職へ挑むか、それとも留まるか。
・転職を決意するなら同じ職種か、未経験へ挑戦するか。
・未経験へ挑戦するなら、キャリア形成をどう見直すか。

といった選択肢が出てくるようになります。

個人的には思い描いたキャリアを紙へ書き出して整理してみることをオススメします。そうすればやるべきことがハッキリしてくるからです。

○ 転職活動を具体化する

そして転職を決意したらすべきこと。それは転職活動を具体化することです。実際の転職活動は下記のような手順を得ます。

・どこで求人募集を確認するか
・応募となれば履歴書や職務経歴書の作成
・書類応募して合否を待つ
・面談日程調整して面接に挑む
・マッチングすれば内定獲得。ダメなら次の応募先を探す
・内定獲得後は労務契約書の保留中、年収確認や交渉をする

それぞれ書類を作成したり、転職エージェントと交渉したり、複数の応募先を管理するなどやることはたくさんあります。

転職活動は決してラクなものではありませんが、手間を惜しまずよい転職先を模索し続けることで、生涯の収入や自由度が大きく変わってきます。

マイペースで進めて良いので、日頃から働き方や働く場所を考えることをオススメします。

自分を高く売る

収入の最大化を意識する

会社員として月給取りとなると、なんとなく惰性で働いていても毎月そこそこの給料をもらって、現状の生活に埋没しがち。

そんな日々に満足して過ごすのも悪くはありませんが、可能であれば同じ仕事をするのであれば収入の最大化を目指すことを推奨します。そうすれば毎日の生活にも張り合いが出てきて、逆説的に仕事のパフォーマンスを意識して成果もついてくるようになります。

自身の仕事の仕方と、得られた収入や資産合計の伸びをしっかりと意識しましょう。

転職と副業の成功がカギ

仕事をする上で意識すべきことはたくさんあります。上記の収入はもちろん、歳を重ねつつどう働いていくかといった視点も大切。

20代などで体力に任せてバリバリできた仕事も、30代以降は同じような体力で働けず、結果として働き方の変容を求められる時期が誰にでも訪れます。

働き方の変容を余儀なくされたとき、そこから転職活動や副業を始めるとなかなかの労力が必要となります。

逆をいえばある程度自身の体力に余裕のあるうちに、転職活動や副業のために行動を起こして、収入や働き方をアップデートしていくことが肝要となります。

転職活動を洗い出すと手間やコストはありますが、それを最小限に抑えるためのノウハウをこれからも提供していきます。

Pocket