ブログリライトのやり方やSEO効果について詳しく解説します。

ブロガーなら知っておくべきリライトの意義と効果。

自身が築き上げてきたブログの資産価値を最大限活かせるよう、ブログリライトの効果についてしっかりと確認しておきましょう。

 目次

ブログリライトとは

ブログリライトとは記事の更新

ブログリライト(blog rewrite)とは端的に言えば、記事を更新することを指します。

この場合の更新はもちろん単に更新することではなく、改善を図るように過去記事を見直して更新していく作業になります。

改善のためには、更新するための意図をしっかりと把握しておかなければなりません。

後述するリライトの効果を把握して、効果的なリライト作業としていきましょう。

ブログリライトのSEO効果

ブログ過去記事をリライトすることは、SEO改善に寄与するとされています。

たとえばキーワード選定。魅力的な記事を投稿していても、SEO的にもったいない記事となっているものが見つかることがあります。

そんなときにはタイトルや文中に、効果的なキーワードが盛り込まれているかを確認し、リライトする箇所を見つける必要があります。

なおキーワード対策出来てるか否かは、uber suggestなどキーワード対策支援サイトなどを用いると便利です。

uber suggestは過去記事でも紹介していますので、気になる方は参照してみてください。

『uber suggest』について

記事の読みやすさを改善させる

ブログリライトの目的のひとつに、来訪者への記事の読みやすさを改善させる効果もあります。

たとえばブログでgoogle アドセンスを利用しているなら、広告表示回数をきっちり取得するためにも、読みやすさを改善して最初から最後まで読んでもらう記事を作ることが大切です。

読みやすさを改善するなら、目次や見出しをつけると最適です。特に冒頭に目次があると、その記事のコンテンツ内容が把握しやすくなります。

また合わせて目次と見出しをリンクすることで、読者への見やすさを改善させることもできます。

そんな感じで、リライトには読者の行動様式を考えて、工夫を盛り込んでいく必要があります。

目次と見出しのリンク方法については過去記事でも紹介しているので、興味あれば確認してみてください。

『目次と見出しの併用方法について』

ブログリライトのやり方

サーチコンソールでブログリライト対象記事を探す

それではブログリライトの具体的なやり方について確認していきましょう。

まずはブログリライトの対象記事を探しましょう。オススメはサーチコンソールで、自身ブログの人気記事を探すことです。

サーチコンソールのクエリなども合わせて活用すると、どんなキーワードがヒットして人気上位となっているのかについても確認できます。

そんな感じで人気記事を20~30程度抽出し、それらをリライトすることが効率的です。

サーチコンソールのクエリの使い方は下記を参照してみてください。

『サーチコンソールのクエリの使い方』

H2~H3タグなど見出し箇所を再考

前述したように、リライトではH2~H3タグを用いて見出し箇所を確認・修正すると効果的です。

自身の見出しタグ構造はこんな感じです。

H1タグ タイトル
 H2タグ 大見出し1
  H3タグ 小見出し1
  H3タグ 小見出し11
 H2タグ 大見出し2
  H3タグ 小見出し2
  H3タグ 小見出し22

新聞でもそうですが、見出しを有効に使うと記事概要を把握しやすくなり、詳細まで読むか否かの選択肢を読者へ与えることができます。

またSEOとしても見出しタグを利用することで、クローラーへ記事の概要や構造を伝えやすくなります。

リライトと定期的な検索順位確認

記事を投稿したら終わりではないように、リライトも作業を終えたらそれで終わりというわけではありません。

リライトを終えたら、対象記事の検索順位などを確認してみましょう。

意図した通りに検索順位が改善していればリライト成功です。そうでなければ、修正箇所について少しずつ検証していく必要があります。

必ずしも狙った通りに行くわけでもないのがリライト。

定期的な確認作業で、リライト効果を把握しておきましょう。

ブログリライトの注意点

新規投稿とリライトのバランス

ブログの新規読者を増やしていくなら、新規記事の投稿とリライトのバランスが重要です。

新規記事を執筆しないことにはインデックスされる記事が増えませんし、ブログのメンテナンスという意味でもリライトは大切です。

作業量をうまく按分するために、自身は1~2か月程度で検索順位の確認、そして気になる箇所の修正を図っています。

このように定期的なリライト時間と設けることで、それ以外の時間をしっかりと新規記事に充てることができます。

リライトとアフィリエイト成果

ブログアフィリエイトを実践しているなら、ASP提供の広告貼付け位置なども、リライトと一緒に再考してみると良いかもしれません。

ブログも長く続けていると、広告貼付け位置とアフィリエイト成果の関係性が見えてくることがあります。

そんな感じでブログスキルが習熟してくると、過去記事のもったいなさにも気づくはずです。

新規読者獲得のみならず、アフィリエイトの成約件数増加を考える上でも、リライトで記事を見直してみましょう。

自身のブログ品質向上、そして新規読者獲得のためにもリライトで定期的な見直しを。

Pocket