株式投資家も知っておくべき米国債の価格や利回り、買い方を解説

米株式投資家なら知っておくべき金融商品【米国債】

今日の記事ではそんな米国債の利回りや価格推移の確認方法、買い方について解説していきます。

☆ 投資にはリスクが存在します。自己責任と安全資産の範囲内で検討しましょう。

 目次

米国債について知る

米国債とは

米国債とはアメリカ政府の財務省が発行する公債になります。英語ではトレジャリー:US Treasuriesなどと呼ばれたりします。

ちなみに日本でももちろん国債は発行されており、各国ではそれぞれ公債が発行されています。

そんな米国債ですが、償還期限は2年債や10年債、30年債など様々な種類の証券が存在します。そして期限により利回りも変わってきます。

米国債は各種証券会社で購入可能です。今回は自身が利用するSBI証券での米国債の買付方法について、まず解説していきます。

SBI証券での米国債の買い方

今回はSBI証券のPCサイトでの米国債の買い方について説明していきます。

SBI証券での米国債の買い方

出典:SBI証券

そして債券タブをクリックして、外貨建て債券を選びます。

そうすると外貨建て債券一覧が表示されるので、新発債券や既発債券の中から米国債を見つけましょう。米国債の中でも前述したように種類があるので、自身の買いたいモノを選んで申し込めば買付することができます。

なお外貨建て債券の決済方法には『円貨決済』と『外貨決済』があります。たとえば米国債を外貨決済で買付けしようとすれば、あらかじめ米ドルが必要となりますが、円貨決済であれば証券会社側で円からドルへ変えて買付けしてもらうことができます。

ちなみに円貨決済では為替スプレッドが発生する商品もあるので、注文時には注意が必要です。

米国債はSBI証券のほか、楽天証券やマネックス証券でも取り扱っています。各種証券口座をお持ちの方も、買い方を確認してみましょう。

米国債のゼロクーポンなど商品の種類

さて、米国債の買い方について理解したところで、今度はそれら商品の種類について確認しておきましょう。

今回は『利付債』と『ゼロクーポン債』について説明していきます。

利付債とはその名の通り、定期的な利息を受け取れる商品になります。

ゼロクーポン債とは、買付け時に額面金額より低く購入して、償還期限に額面100%で受け取る商品をさします。ちなみにクーポンとは利息を指します。

そのほかアメリカの国債を含めて、ゼロークーポン債や利付債のほか、ストリップス債やディスカウン債といった商品もあります。

気になる方はまず目論見書を読んで、商品内容を確認してみましょう。

米国債10年価格をリアルタイムで確認する

トレーディングビューで米国債価格を確認

ここまで米国債の分類、買い方などについて確認してきましたが、米国債は売買されるものなので価格は変動します。

そんな米国債ですがトレーディングビューを使うとリアルタイムで価格推移を確認することができます。

米国債をトレーディングビューで調べる

出典:TradingView

tradingviewでの米国債の見方は簡単。

まずトレーディングビューのホーム画面よりマーケットタブをクリック。すると商品一覧が出てくるので、下へスクロールして債券エリアに米国債の価格状況が表示されています。

なお初期設定だと利回りのほうが表示されていますが、利回りと逆に動く米国債価格へと表示を切り替えることもできます。

米国債の価格への表示切替方法

米国債の価格と利回りの表示を切り替えるには、まず債券エリアにあるアメリカ国債のリンクをクリックします。

米国債をトレーディングビューで価格切り変えする

出典:TradingView

するとアメリカ債券の期限別一覧が表示されます。ここで右上にある価格利回り切り替えボタンをクリックしてみましょう。

米国債をトレーディングビューで価格切り変えする2

出典:TradingView

上記のように利回りから価格へと表示切替をすることができました。

今度は詳細なリアルタイム価格を確認する手順について説明していきます。

米国債10年のリアルタイム価格を確認する

今回は米国債10年のリアルタイム価格を確認していきます。

まずは先ほどの期限別米国債一覧よりUS10Yをクリック。

するとアメリカ債券の期限別一覧が表示されます。ここで右上にある価格利回り切り替えボタンをクリックしてみましょう。

米国債10年価格をリアルタイムで確認する

出典:TradingView

次に右上にある詳細チャートで確認するをクリックします。すると詳細チャートが表示されます。

米国債10年価格をリアルタイム1分単位で確認する

出典:TradingView

今度はリアルタイムで分足を確認するために、期間設定の一日をクリックします。

これで1分単位でのリアルタイムの値動きを確認する設定ができました。

米国債取引における注意点

米国債はドル円など為替の影響を受ける

最後に米国債の売買における注意点について確認しておきましょう。

まず米国債はドル建ての外貨建て債券なので、ドル円など為替の影響を受けるということです。

たとえばドル円為替レート120円のときに買った米国債があり、売却や償還時に130円へと為替レートが円安に推移したとします。この場合は円安分の為替差益を取得することもできます。

逆に円高方向へと進んだ場合には、為替差損が発生します。

このように外貨建て債券である米国債は、為替の影響を受けることも覚えておきましょう。

利上げと米国債

もうひとつ利上げと米国債利回りについても確認しておきましょう。

2022年はアメリカの中央銀行にあたるFRBが利上げの金利政策を開始しました。

FRBがコントロールする短期金利の上昇に伴い、米国債の長期金利にも上昇が認められています。

これは短期金利上昇に伴い、米国債の既発債が割高となることが理由のひとつとして挙げられます。

そして折り合いのつくところまで米国債が売られて価格が下がり、逆に米国債10年や30年の長期金利も上昇しているのではないかと自身は考えています。

このようにFRBの金利政策とも関連して、米国債の価格も変わってくることを覚えておきましょう。

米国債など他の金融商品の知識も身につけて、株式投資にも役立てよう。

 

Pocket