動画編集ソフトAvitulでMP4ファイルを出力する方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や主流の動画ファイル形式である『MP4』。

そんなMP4ですが、Aviutlでも編集や出力を簡単に実施することが出来ます。

今日の記事ではそんなAviutlでのMP4出力の設定について、詳しく解説していきます。

目次

MP4動画編集にも便利なAviutl

Aviutlでは無料でMP4の動画編集ができる

フリーで使える動画編集ソフトAviutlでは、無料でMP4の動画そして付随する音声を編集することができます。

動画のファイル形式にはAVI、WAVなど様々な種類があり、MP4は動画ファイル形式のひとつ。

AviutlではそれらAVI、WAV、MP4ファイルの読み込み、また連結といった動画編集を簡単に行うことができます。

ちなみに今日の記事では【Aviutl】と拡張プラグイン【exedit】を導入している方を対象に、MP4出力の方法について記載しています。【Aviutl】と【exedit】は製作者様のウェブサイト『Aviutlのお部屋』よりダウンロードできます。

【Aviutl】と【exedit】のダウンロードはこちら

exeditはアプリケーションAviutlのフォルダへ、ダウンロードしたファイルを挿入するだけで設定出来ます。

そんなAviutlのダウンロードや初期設定、簡単な使い方に関しては過去記事でも紹介してます。

MP4出力設定を実装する前に、興味のある方はぜひご覧ください。

youtuberにおすすめの動画編集ソフトaviutlの使い方。

youtuber必須の動画編集ソフトaviutlの使い方その②

MP4ファイルを利用するメリットとは

今回紹介するAviutlのMP4出力プラグインを利用するメリットとして『容量圧縮』が挙げられます。

まずは下図をご覧ください。

これは自身が作成した1分半ほどの動画をAVIファイル、MP4でそれぞれ出力したときのプロパティです。

ご覧いただくと分かるように圧縮なしAVIファイルだと1.32GB、プラグインでMP4出力したほうは6.56MBと容量が大きく違っています。

容量を出来るだけ小さくすると

① パソコンやクラウドストレージでのデータ容量を減らせる
② youtubeへのアップロード時間が早まる
③ 動画視聴ユーザーも読み込みやすくなる

といった具体的なメリットも出てきます。

そんな便利なAvitulのMP4出力ですが、まずはやり方の概要を押さえておきましょう。

AviutlでMP4出力するために必要なこと

AviutlでMP4出力するために必要な要素は下記の通り。

① 【かんたんMP4出力】をダウンロード
② Aviutlへ【かんたんMP4出力】を設定する
③ AviutlでMP4ファイルを出力する

たったこれだけです。

実際に1分程度のサンプル動画などを作って、手を動かしていけばすぐに操作を覚えらえます。

かんたんMP4の使い方の詳細を後述していくので、一緒に覚えていきましょう。

かんたんMP4出力の設定と使い方

かんたんMP4出力出力をダウンロード

AviutlでMP4出力するなら【かんたんMP4出力】を利用すると簡単です。

そのためにまずプラグイン【かんたんMP4出力】をダウンロードします。

ダウンロードはaoytsk氏が公開してくださっており、それを利用させてもらいます。

ダウンロードページはこちら

公開してくれているzipファイルをダウンロードできたら展開しましょう。

展開すると『easymp4.auo』というファイルがあります。

続けて【かんたんMP4出力】利用のために、『easymp4.auo』をAviutlへ設定していきます。

AviutlへかんたんMP4出力を設定する

【かんたんMP4出力】をAviutlへ設定するには、『easymp4.auo』ファイルをAviutlのフォルダへ挿入します。

ちなみに自身のAviutl利用環境として、下図のように拡張編集プラグインexeditの【exedit.auf】ファイルも設定しています。

aviutlとexeditのあるフォルダへeasymp4を挿入する

こんな感じでAviutlアプリケーションを置いてあるフォルダへ、『easymp4.auo』ファイルを置くことで【かんたんMP4出力】の利用が可能になります。

こんな感じで【かんたんMP4出力】のダウンロード、設定は終了です。

後は具体的な出力方法を習得するだけです。

次はサンプル動画を例に、MP4の出力方法を見ていきましょう。

aviutlでMP4ファイルを出力する

Aviutlで【かんたんMP4出力】を利用したMP4ファイルを出力するには、左上のファイルボタンをクリックします。

かんたんMP4で出力する

こんな感じでファイルをクリックすると、プラグイン→かんたんMP4出力といった選択肢が増えています。

動画編集を終えたらこの【かんたんMP4出力】をクリックします。

すると下図のような画面へと遷移します。

ここでファイル名を入力して、保存を選べばMP4出力が出来ます。

出力形式をカスタマイズ出来たところで、次は動画のクォリティを高めるための設定方法も伝授します。

さらに動画のクオリティを高めるために

60fpsで取り扱うには

動画のクォリティを決めるものに『fps』といった単位があります。

fpsとはframes per secondの略であり、1秒間に何枚の画像で構成されているかといった単位になります。

たとえば『60fps』や『30fps』では、60fpsのほうが扱う画像が多く、見た目にもスムーズな動きとして捉えられます。

そんなfpsですが、Aviutlなら60fpsの動画も取り扱うことができます。

fpsに関しては過去記事でも紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

Aviutlで60fps動画の読み込み出力など編集方法を解説

4k画質で動画編集するには

もうひとつAviutlの動画編集で知っておきたいのが【画質】。

youtubeなど動画サイトを見ていると分かりますが、画質の変更により見た目の綺麗さは大きく変わります。

そんな画質編集ですが、Aviutlでも可能です。

たとえば4kといった高画質編集動画も作ることができます。

Aviutlでの画質編集方法に関しては過去記事でも紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

動画編集ソフトAviutlで高画質な4K編集する方法を解説。

動画編集ソフトAviutlのMP4出力をマスターして、出力方法の幅を広げよう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントを残す

*

CAPTCHA