Aviutlマスク機能で図形透過や文字の中抜き動画を編集しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aviutlマスク機能で図形透過や文字の中抜き動画を編集しました

本日紹介するのは動画編集ソフトAviutlで使える【マスク】機能。

マスク編集で任意の部分を透過、中抜きすることで動画の見栄えを良くすることが出来ます。

ぜひ本記事でマスク編集を身に付けて、編集技術をアップデートしてみてください。

 目次

Aviutlマスク機能で出来ること

図形透過や中抜き文字動画作りました

参考までにAviutlでマスク機能を使った動画を作ってみました。

動画後半では画像透過や中抜きなど、動画編集のやり方についても詳しく説明しています。

なお本記事だけでも、詳細な動画編集方法はマスター可能です。

ぜひ動画でもブログでも見やすいほうをご覧になり、動画編集の参考にしてみてください。

Aviutlマスク機能とは

まずはAviutlで可能なマスク機能について確認していきましょう。

例えば下の画像をマスクします。

マスクするとこんな感じ。

元画像の中心が、図形【円】の枠組みで切り取られた感じになります。

マスクを使うと特定の部分だけピックアップして、視聴者の注目を集めるといったこともできます。

そんなマスク機能ですが、使い方を確認すると簡単にマスターすることが可能です。

Aviutlマスク機能をマスターするには

Aviutlでマスクする手法には下記のようなものがあります。

・図形の円、四角、三角でマスクする
・テキストオブジェクトでマスクする
・自作画像でマスクする

といった感じです。

これらの手法をマスターすると、いろんな画像をマスクして加工することができます。たとえば

こんな元画像も、マスク編集そしてスクリーンショットを使うとサムネイル画像も作れます。

ぜひ次章で紹介するマスク手法をマスターしてみてください。

Aviutlでマスク機能を使いこなす

Aviutlマスクで図形を透過させる

まずは単純に図形の円で、元画像を透過させてマスクしていきます。

今回の元画像には先ほど紹介したこちらのものを使います。

まずはこちらの元画像を選択した状態で、右上のプラスアイコンをクリック。

続けてメニューリストからマスクを選びます。

そしてマスクの種類で円を選びます。

これで元画像をマスクすることができます。

次はマスク機能の応用的な手法を確認していきましょう。

マスク部分を動かすことができる

ちなみにこのマスク部分ですが動かすこともできます。

やり方は簡単。マスクする図形などを直線移動させるだけです。

たとえばX座標を変えて移動させると、マスク部分が横へ移動します。

動画をご覧いただけると分かりますが、某スパイ映画みたいな演出ができます。

続けて今度は図形でなくテキストでマスクしてみましょう。

Aviutlでは図形のほか文字でも中抜き可能

Aviutlのマスク機能では図形のみならず、文字列で中抜き演出をすることも可能です。

テキストオブジェクトでマスクするには、まずrootからsceneへと編集先を切り替えます。

次は切り替えた編集先でテキストオブジェクトを追加します。

そしてrootへ戻りマスクしたい元画像を選び、マスク選択画面でテキストオブジェクトを挿入したsceneを選びます。

これで下図のようにテキストオブジェクトでマスクすることができます。

ちなみに中抜きマスク用のテキストオブジェクトが小さいときは、「元のサイズに合わせる」にチェックを入れると簡単です。

またscene側でテキストを移動させると、マスクしたテキストも動くのでテロップにも使えます。

最後に自作した画像でマスクする方法を確認していきましょう。

もっと自由にマスク機能を使うには

マスク用の画像を自作する

Aviutlでマスク用の画像や図形を作るなら、背景を透過させたものを作る必要があります。

たとえば人型で画像を作って、背景を透過させるとこんな感じ。

こんな風に背景を透過させて、人型や図形など任意に切り抜いた画像を作成するなら画像編集ソフト【Gimp】が便利です。

Gimpの画像編集方法については過去記事でも紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

Aviutlで使えるgimpの背景や人物画像切り抜きを解説。

自作画像をAviutlへ追加する

まずはAviutlでrootからsceneへ切り替えて、自作した中抜きオリジナル画像を追加します。

そして元画像を挿入しているrootへと戻り、マスク選択画面で自作画像を挿入したsceneを選びます。

すると冬の木々の元画像を、オリジナル作成の人型作成画像でマスクすることができます。

aviutlでマスクに使える透過画像を作成してシーンでマスクしてみた

こちらもsceneで移動効果をつけると、動かせます。

いろんなマスク手法を身に付けて、動画編集技術のアップデートにつなげてみましょう。

動画や画像を中抜きできるAviutlのマスク機能をマスターして、編集技術をアップさせよう。

Pocket

     

コメントを残す

*

CAPTCHA