ギグワーク副業として注目のUber eatsで稼ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Uber eatsで副業デビューして稼いでみよう

いまもっとも流行っている副業のひとつ『Uber eats』。社会人で30代40代といった年齢、スキルあるなしかかわらず多数の人が参入してきています。

今回はそんなUber eatsの始め方、稼ぎ方、注意点について紹介します。手段や時間がある方は必見です。

 目次

Uber eatsとは

Uber eatsとは、顧客が飲食店で注文した商品を、デリバリーする仕事になります。最近では街でよく見かける『Uber eats』のバッグもよく見かけるようになりました。この副業の始め方、注意点などについて今回は紹介します。

○ Uber eatsを始める前に

Uber eatsを始める前に、自身のお住まい近辺がUber eatsサービスの対象地域となっているかを調べましょう。対象となっていなければ、わざわざ隣の市や隣県にまで稼ぎに行かなくてはならず、継続した副業とするには難しくなります。

Uber eats公式サイトにて、サービス対象地域を検索できます。はやる気持ちを抑えて、まずは稼働可能か調べてみましょう。

○ Uber eats開始に必要なもの

Uber eatsはデリバリーを仕事とするため、自転車や原付といった移動手段が必要です。それぞれの移動手段に関して、必要な書類をアップロードして、審査を通ることで稼働可能となります。今回は自転車と原付を例に、必要書類を紹介します。

【自転車】
必要書類は身分証明書の写真とプロフィール写真。身分証明書には運転免許証などが使えます。プロフィール写真は偏り上の写真で、顔全体が写ったものを推奨しています。

【原動機付自転車】
必要書類は運転免許証の写真、プロフィール写真、自賠責保険証の写真、ナンバープレートの写真になります。

○ 報酬単価は一件平均500円

Uber eatsの報酬はこなした件数で決まります。報酬単価はだいたい一件平均500円程度となっています。自身の時給単価を上げようと思えば、効率よくデリバリーする必要がありますね。

また、クエストといった追加報酬も発生するようです。「10件こなせば1000円の追加報酬を獲得」といった具合です。考えようによっては、土地勘のある場所で熟練度が上がると、インセンティブも増えるようですね。

Uber eats副業の注意点

さて副業として人気も上昇中のUber eatsですが、もちろん注意点もあります。参入前に少し見ておきましょう。

○ 交通事故に気を付ける

Uber eats参入者は、デリバリー手段に自転車や原付などの乗り物を使用するため、どうしても交通事故のリスクを抱えています。現在でも、配達中の事故で裁判となって係争中の事例もあるようです。

どれだけ自身が気を付けていても、交通事故に合うときはあります。この副業で稼ごうと考えるなら、必要な保険に加入するなど、何かあったときに自分の身を守れるようにしましょう。

○ 稼働時間を調整する

副業としてUber eatsを始めるためには、稼働時間の確保が必要です。特に二輪でのデリバリー業務は天候の関係もあり、以外と体力仕事だったりもします。

また、あくまで副業ですので本業には支障ない範囲でUber eatsで稼ぐようにしましょう。副業疲れで本業に影響があっては元も子もありません。

Uber eatsは不労所得でなく、労働力を切り売りする形の副業ですので、時間そして体力にしっかり配慮して挑むことが肝心です。

人気の副業Uber eats。安全に配慮して、可能な稼働時間で稼ぎましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントを残す

*

CAPTCHA