理学療法士への転職事情とは。経験を元に医療系の転職状況を解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理学療法士になるには。医療職の自身が転職事情を紹介します。

医療福祉業界は医師や看護師などのコメディカル含めて様々な職種があり、国家資格の有資格者で構成されています。自身の理学療法士として医療職に従事してきたこの経験と元に、この仕事の魅力について紹介します。

 目次

理学療法士など医療職とは

医療福祉職には医師をはじめ、看護師などのコメディカルなど様々な職種が存在します。今回は自身の理学療法士という仕事を中心に、看護師や介護士の仕事に着目して、仕事の概要や待遇を紹介します。

○ 待遇面なら看護師

世の中の好況や不況にかかわらず、常に売り手市場なのが看護師。病院や老人保健施設、訪問看護ステーションなど幅広い組織で活躍できる仕事です。また、保健師や認定看護師など、様々なキャリアアップの道も用意されています。

平均年収は理学療法士より高めとなっています。夜勤手当なども手厚く、年収にして500万を超えるところも少なくないようです。体力仕事ですが、夜勤シフトでがっつり働かれる方も多いようです。

○ 理学療法士の待遇は平均年収程度

理学療法士の平均年収は、全職種平均の400万程度になります。理学療法士も看護師同様に病院、老健、訪問看護ステーションなど働ける組織は広めです。また、各組織ごとの報酬体系によりインセンティブがあるところもあるので、年収は組織によりけりです。

また、『身体のプロ』といった職域を活かして、近年はパーソナルトレーナーで活躍される方も多いようです。自身も理学療法士として従事していますが、職域が年々広がっている実感があります。

○ 介護士は近年待遇大幅改善

近年、大幅に待遇が改善しつつあるのが介護士です。こちらも病院や組織などで、身の回りの介助に必須の仕事。超高齢社会を迎えた日本では、ずっと介護士の売り手市場が続いています。

近年では介護士だと『処遇改善手当』などもあり、夜勤手当などと合わせると平均年収を超えるところも少なくないようです。国も介護士の人手不足解消のため、待遇面での補填を考えざるをえない状況がうかがえます。

理学療法士など医療職になるには

さて、各医療職の報酬のはなしばかりになりましたが、職業柄さまざまな責任を負う必要があることも抑えておきましょう。これら医療福祉職を志す上での注意点を紹介します。

○ 医療職は資格取得に時間を要する

理学療法士や看護師といったコメディカル職種は、基本的に国家資格を取得して、医療職へ従事する権利を付与されます。

ちなみに理学療法士であれば、一般応募からだと卒業までに最低三年は要します。正看護師取得のための看護学校も三年程度は要します。

コメディカル職に従事するためには、それら名称独占や業務独占の資格取得のために時間を要することを覚えておきましょう。

○ 生命に携わる上という仕事

医療福祉職はいわずもがな患者、利用者の生命に携わる仕事です。そのため患者、利用者への介入方法によって、医療事故などが起きれば医療訴訟に発展する恐れがあります。

転職しやすく売り手市場が続く医療福祉職ですが、その仕事には常に細心の注意を払う必要があります。この仕事へ従事する者はみな、常に緊張感をもって仕事に挑むことになります。

○ ヒト好きな人に向いている

医療福祉職は対人折衝の頻度の差異はあれ、ヒト好きな人に向いている仕事になります。常に患者や利用者へ気遣いができて、適切な声掛けなどの対応ができる人でないと続きません。

接遇技術は経験と共に上達します。しかし根底の部分では、常に人を思いやる気持ちを持てる、そんな方に職業適性があるといっても過言ではないでしょう。

売り手市場が続く医療福祉職。志すには待遇面だけでなく、職業適性や仕事内容もしっかり吟味しましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントを残す

*

CAPTCHA