株の税金を解説。確定申告や特定口座、NISAについて理解しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株取引に関する確定申告や特定口座での税金、NISA利用のメリットなど紹介します。

☆ 株取引の投資にはリスクが存在します。余裕資金かつ自己責任で挑みましょう。

株取引には様々な納税方法、NISAでの節税など税金に関する知識が必須になります。税金で悩まず株取引するための記事を紹介します。

目次

株取引にかかる税金

税率は20.315%

株式において、取引で発生する譲渡益、配当金には税金がかかります。

税率は所得税と住民税合わせて一律20.315%になります。一万円の譲渡益だと概ね2000円の税金、百万円の譲渡益だと概ね20万円の税金が発生します。

給与所得にかかる税金だと累進課税ですが、株にかかる税金は一律。計算しやすにのがメリットですね。

株は確定申告か特定口座で納税

株取引の納税方法は大きく分けて二つあります。それは『確定申告』と『特定口座』での納税方法です。

確定申告方式であれば、申告分離課税方式で納税します。特定口座であれば、既に源泉徴収されているので原則確定申告は不要です。

株取引で確定申告を要する場面

いま取引されている方は特定口座での取引が主流ですが、取引銘柄によっては確定申告をする必要もあります。

たとえば自身は外国株を取引きしていますが、外国株の譲渡益には別途外国税が発生します。

この外国税ですが、確定申告することで控除を受けられます。その際、年間取引表なるものを参照しながら申告することになります。

外国税やその控除申請は少し複雑なので、後日に機会あれば記事で紹介します。

株初心者は特定口座で源泉徴収が無難

特定口座とは自動源泉徴収口座

前述のとおり『特定口座』での取引は、譲渡益や配当金から税金が源泉徴収されます。

特定口座を開くのは難しくありません。証券口座申し込み時、もしくは申し込み後においても、各証券会社の申請方法に従って特定口座利用を申し込むだけです。自身は証券口座を開いた後、特定口座利用申し込みを追加申請しましたが、およそ一週間程度で特定口座取引が利用可能にりました。申請に要する期間は少し差異があるので注意しましょう。

特定口座取引は『特定預かり』で

特定口座取引で忘れてはならないのが、売買場面で『特定預かり』を選択すること。実際の売買場面において特定口座取引を希望するとき『一般預かり』や『NISA預かり』を誤って選択しないよう注意しましょう。

オンライン売買での株取引では、売買希望銘柄を選択した際、取引数量や指値、成り行きなどの選択画面が開くと思います。その際、口座選択タブも配置されており、『特定預かり』『一般預かり』『NISA預かり』を選べます。

特定口座利用を申請していると、初期設定で『特定預かり』が選択されていることが多いようですが、念のため確認するようにしましょう。

特定口座なら損益通算もラク

特定口座利用のメリットとして、損益通算がラクな点も挙げられます。

損益通算とは譲渡損失が出たときに、損失分を譲渡益から相殺する仕組みです。この仕組みにより、譲渡益が低く抑えられ課税額が減少します。

なお株式売買における損益通算は、現在の税法において三年間繰り越せます。損失が多かった年があれば、翌年は損益通算で譲渡益ならびに課税額を減らせる仕組みですね。

特定口座利用であれば、これら損益通算の計算を自動で行ってくれます。実際の譲渡損失や譲渡益、課税額に関しては各証券会社の報告書を閲覧しましょう。

NISAで節税

NISAとは

最近よく聞く『NISA』とは、非課税で株式や投資信託の売買などが出来る制度を言います。

まず株式売買を例に挙げてみましょう。株式売買では通常、譲渡益や配当金に課税されます。しかしNISAを利用すると、それら譲渡益や配当金は非課税となります。

NISA取引を始めるためには証券口座へ『NISA』もしくは『積み立てNISA』を選んで申し込みましょう。たとえばNISAで株式売買をするなら、対象銘柄を選択して数量や指値、成り行きなどを選んだ後、『NISA預かり』を選択することでNISA取引となります。

NISAと積み立てNISAの違い

NISAには『NISA』『積み立てNISA』の二種類があります。違いは年間非課税額、非課税期間、選択可能銘柄にあります。

まず年間非課税額について。NISAの年間非課税額は120万円。積み立てNISAでは年間非課税額は40万円となっています。

次に非課税期間について。NISAの非課税期間は最長5年。積み立てNISAの非課税期間は最長20年となっています。

最後に選択可能銘柄について。NISAは取引対象として国内株、国外株、投資信託が可能。積み立てNISAでは国の定める投資信託が取引可能となっています。

なお現在は新NISAという制度も検討されており、NISAの今後もよく見ていくことが大切です。

NISAなら個別米国株も買える

自身は個別米国株の投資もアクティブに行っているので、NISAを選択しています。

『NISAと積み立てNISAどちらがいいの?』といった疑問がありますが、アクティブに積極投資ならNISA、コツコツ積み立て投資なら積み立てNISAが良いかもしれません。

選択可能銘柄、年間取引可能額、非課税期間の違いから数年から10数年後にかけて、パフォーマンスは大きく違ってきます。

限られた『NISA枠』を最大限に活かすためにも、よく考えて挑みましょう。

特定口座やNISAの利用で、株式の税金を上手く付き合いましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA