未経験募集の意味とは。未経験就職成功には募集意図の理解が大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験募集求人の意図を理解して、就職の成功へつなげよう。

『未経験歓迎』求人なんてのもよく見かけますが、額面通りに受け取って良いのでしょうか。そんな求人について解説していきます。

未経験正社員募集求人にも種類がある

業界未経験でも応募可能な求人

『未経験の方でもご応募お待ちしてます』なんて求人よく見かけます。その求人、ホントに未経験の方も歓迎してるんでしょうか。

『未経験』のコトバの中に『業界未経験でも』なんてワードがあれば要注意。採用側の意図を読み違えると、応募者も採用側もお互いに余分な時間を要する可能性があります。

『業界未経験でも歓迎』というコトバがあれば、『業界未経験でも職種経験あれば歓迎』といった意図があったりします。

応募する前に少し落ち着いて文面を読むことが大切です。

職種未経験でも応募可能な求人

『業界未経験でも歓迎』と似たようなものに、職種未経験でも応募可能な求人が存在します。

こういった求人は、『同業界にはいたが、職種未経験でも意欲あれば採用したい』といった応募者側の意図があったりします。

求人の文面から『職種未経験も歓迎』か否かを読み取ることが難しい場合も多いですが、こういった求人があることも頭に入れておくと転職活動もスムーズになります。

業界職種ともに未経験でも応募可能な求人

最後に紹介するのが『業界職種ともに未経験でも歓迎』の求人です。

『業界未経験で職種経験者なら歓迎』『職種未経験で業界経験者なら歓迎』といった求人と違って、『業界職種ともに未経験でも歓迎』の求人は幅広く人材を募集したいときの求人になります。

端的にいえば、人材の不足しがちな業界と職種の分野になります。こういった人材不足の分野では猫の手も借りたいほど忙しく、応募者側に有利な売り手市場になりがちです。

応募者側にとって納得できる求人であれば、積極的に応募していきたい求人になります。

業界未経験募集求人の事例

業界経験問わない営業経験者の求人

さて未経験求人について紹介してきましたが、ここからは『業界未経験でも歓迎』な求人について、事例を用いて解説していきます。

たとえば業界経験を問わない営業経験者の求人。優れた営業職は商材を問わずパフォーマンスを発揮できます。そんなポテンシャルに期待を込めた求人になります。

業界を変えると芽が出る人もいるので、我こそはという営業職の方がいればこんな求人も検討してみても良いのではないでしょうか。

受付や書類作成をこなせる一般事務

一般事務は求人も多く、他業界でも一般事務経験があれば採用可能といった求人も存在します。

一般事務と聞くと受付業務から書類作成、金銭管理など様々な仕事をこなします。また応募側が求めるレベルも、多種多様だったりします。

こればっかりは面接でどんな人が欲しいのかを察するしかありません。面接に挑めるチャンスがあれば、それとなく採用側の意図を推し量ってみましょう。

異業界からでも応募可能なドライバー職

いつの時代も必要な物流関連職。その担い手となるドライバーは、業界経験を問わず働ける職場は一定数存在します。

近年であれば、配送関係の仕事していた方が、デイサービスのドライバー職へ転職されるなんて事例も多いようです。

運ぶ対象が商品ではなく、利用者へ変更となるので違った気の遣い方を要求されます。しかし配送業務で培った運転技術や地理に関しては、業界を変えても活躍できる貴重な職種経験になります。

職種未経験募集求人の事例

福祉業界経験者での介護職未経験求人

上記では業界未経験でも応募可能な職種について紹介しましたが、職種未経験でも応募可能な求人はどのような事例があるのでしょうか。

たとえば福祉業界経験者での介護職未経験求人。福祉業界には介護職のほか、介護事務、施設清掃、利用者送迎ドライバーなど様々な職種の方が存在します。

そういった他職種で福祉業界を経験された方のうち、介護現場で頑張りたいという意欲があれば、採用したいという組織は存在します。

自動車業界経験者での営業未経験求人

自動車業界を経験した後、その業界経験を活かして未経験の営業職へ転職される方もいます。

自動車業界だと整備士、販売店スタッフ、損害保険関係などの様々な職種との関わりがあります。

そういった業界経験者で、営業職として頑張りたいという意欲があれば、採用してくれる企業も一定数存在します。

『未経験求人』の採用側の意図を理解してスムースな転職活動を展開しよう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントを残す

*

CAPTCHA