メルマガでアフィリエイトも可能なマネートラックの使い方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログのみならずツイッターからもアフィリエイト可能なASP【マネートラック】

今日そんなMone trackの使い方や稼ぎ方について紹介します。

目次

マネートラックとは

ASPのマネートラック

マネートラックはアフィリエイトサービスプロバイダーのひとつ。

バリューコマースやもしもアフィリエイト同様に、広告主とアフィリエイトサイトを提携してくれる会社のひとつです。

そんなASPマネートラックですが、他社にはないアフィリエイトサービスも提供しています。

今日の記事で同社のサービスを確認して、アフィリエイトの選択肢のひとつとして検討してみましょう。

利用するならまず無料登録

アフィリエイターとして利用するなら、まずは他のASP同様に登録が必要となります。

マネートラックへの登録は無料。同社が謳っているように、登録を終えたらすぐアフィリエイトを開始することができます。

なお掲載広告には審査ありのもの、審査なしのものが混在しています。

広告の審査の有無は登録後、広告検索で分類することができます。審査がなければ、すぐ提携して広告を貼れるようになります。

ダッシュボードの便利機能

登録したらまずはダッシュボードを確認してみましょう。

monetrackのダッシュボードは報酬確認がとても簡単。報酬額もさることながら、広告が表示された【インプレッション数】、広告の【クリック数】なんかも把握することができます。

インプレション数やクリック数は、成約に至る構造や過程を教えてくれてるので便利です。

そのほかダッシュボードでは新規やオススメのプロモーションも確認することができます。

まずはダッシュボードで、日々の成果やプロモーションを適宜確認するようにしましょう。

マネートラックの使い方

マネペイで1円からの即日報酬受取も可能

それではマネートラックのアフィリエイトサービスの概略を確認したところで、具体的な使い方や稼ぎ方についても確認していきましょう。

monetrackの強みは1円からの即日報酬受取といった稼ぎ方が出来る点が挙げられます。

他社であれば「何円以上から報酬受取可能」など一定額の報酬が出てからの受取となりますが、マネートラックでは謳っているように1円からお即日報酬受取が可能。

なお報酬の受け取りに関しては【monepay】へ登録が必要となるので、忘れずに登録しておきましょう。

メールマガジンでもアフィリエイト可能

マネートラックならメールマガジンでもアフィリエイトが可能。

ツイッターアフィリエイト同様に、自身でウェブサイトを持っていなくてもアフィリエイトが可能となっています。

マネートラックでのメルマガアフィリエイトの使い方は、アフィリエイトタグの付いたURLを貼り付けて送信するだけです。

また、monetrackならアフィリエイトのための短縮URLの取得も簡単です。

ブログのみならず、メルマガのアフィリエイト展開も検討してみましょう。

リンクビルダーで広告をカスタマイズ

マネートラックのリンクビルダーなら、広告をカスタマイズするのも簡単です。

リンクビルダーは【広告タブ】から利用することができます。

リンクビルダー画面へ移行すると広告名はもちろん、バナーサイズや代替テキストのカスタマイズも簡単に実施できます。

自身が狙う訴求効果が得られるように、リンクビルダーで広告のカスタマイズも検討してみましょう。

マネートラックという稼ぎ方の選択肢

monetrackにしかない広告主

monetrackを利用するメリットとして、マネートラックにしかいない広告主と提携出来るところにあります。

広告主はASPごとに違いがあり、mone trackにはマネートラックならではの広告主が多数存在しています。

他社にはない様々な広告案件があるmonetrack。

まずは登録していろんな広告主を検索してみて、自身に合った広告案件を探して稼ぎ方を検討してみましょう。

充実のノウハウ集で稼ぎ方を学ぶ

マネートラックではアフィリエイト初心者にも易しいノウハウ集を用意してくれています。

もちろんアフィリエイト歴の長い方にも有効なノウハウもいろいろと提供してくれています。自身もノウハウ集で学び、アフィリエイトに関するアイデアを日々勉強中です。

時代と共にアフィリエイトの稼ぎ方や使い方は変容しています。

アフィリエイターとしてトレンドに乗り遅れないよう、ノウハウ集を活用してみましょう。

いろんなアフィリエイターが使いやすいASPマネートラック。アフィリエイト手段のひとつとして検討してみましょう。

Pocket

     

コメントを残す

*

CAPTCHA