ビジネスで役立つwindowsショートカットキーについて解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切り替えなど便利なwindows10ショートカットキーを紹介します。

ビジネス現場で仕事を効率化してくれる切り取りや切り替えなどのショートカットキー。今回はwindow 10 の操作環境を中心に、役立つキーボード操作を解説します。

便利なパソコンのショートカットキー

windowsショートッカットキー

windowsユーザーなら覚えておくべきショートカットキー。

windowsパソコンは1操作でいろんなことができるショートカットキーが割り当てられています。それらを上手に使いこなすことで、作業の効率化を図ることができます。

今回紹介するのは一般的なものからビズネス向けまで様々。

既にショートカットキーを使っている人も、使ってない人もwindows操作のアップデートにつながるよう確認してみましょう。

プリントスクリーン

デスクトップをそのまま撮影するときに用いるプリントスクリーン。資料作りなどで利用している方も多いのではないでしょうか。

まず一般的なスクリーンショットについて。windows + printscreenボタンの同時押しで可能です。windowsボタンは左下のmicrosoftアイコンのボタン、printscreenはキーボードの右上あたりに配置されていることが多いようです。

次にトリミングまで一括で行えるスクリーンショット。windows + shift + sの同時押しで可能です。この操作により、デスクトップの任意の範囲を選択して画像保存することが可能となります。

なおスクリーンショットで保存した画像はクリップボードに保存されており、wordやペイントを開いて右クリックすれば、保存した画像を貼り付けることができます。

ウィンドウ操作

たくさんのウィンドウを開いておすすめなのが、ウィンドウ操作のショートカットキー。

まずはalt + tab同時押し。この操作では開いているウィンドウ一覧を表示することができ、アクティブにして捜査するウィンドウを速やかに切り替えることが可能です。

またwindows+ tab同時押しではtask viewで開いたウィンドウを確認して切り替えることも可能です。

どちらでも使いやすいほうを用いましょう。

文字列操作のショートッカトキー

文字列コピー

ブロガーもビジネス現場でもよく用いるのが、文字列のコピー。毎回、右クリックでコピーを選ぶのは少し面倒です。

文字列のコピーもctrl + c同時押しショートカットキーで可能です。

やり方はコピーする文字列をドラッグして選択。暗転した状態で上記ショートカットキーを押せばコピー可能です。

文字列貼り付け

前述したコピー操作と合わせて覚えておきたいのが、文字列貼り付けのショートカットキー。

文字列貼り付けのショートカットキーはctrl + v同時押しで可能です。キーボード配列だとcでコピー、隣のvで貼り付けなので覚えやすいですね。

文字列のコピー&ペーストにはこの二つの操作を覚えましょう。

文字列切り取り

最後の文字列操作ショートカットキーは文字列の切り取り操作です。コピーではなく、そもそも切り取ってしまって文字列を置換したいときに便利です。

なおショートカットキーはctrl + x同時押しで可能です。

コピーと切り取りを上手に使い分けて、効率良い文字列操作を可能にしましょう。

そのほか便利なショートカットキー

タスクマネージャを開く

不意の操作凍結など、使用しているアプリケーションを強制終了したいときに便利なのがタスクマネージャー。

ctrl + shift + esc同時押しで、タスクマネージャーを開くことが可能です。

なおタスクマネージャーは画面下部に表示されているタスクバー上で、右クリックしてタスクマネージャーを選択しても開くことができます。

使いやすいほうを選びましょう。

フォルダ操作

デスクトップ作業中に任意のフォルダを選び、上位や下位フォルダへ頻繁にアクセスするならショートカットキーを覚えると便利です。

たとえば任意のフォルダを選び、ひとつ前のフォルダに戻るならalt + ←、戻る前に進むならalt + →で操作可能です。

なお親フォルダへ移動するならalt + ↑で操作可能です。合わせて覚えておきましょう。

windowsショートカットキーを覚えて、副業も本業のパソコン作業も効率化しよう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA