wordpressブログのタグクラウドをカスタマイズしてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Taxopressプラグイン導入など、wordpressタグクラウドカスタマイズでSEO対策。

目次
 

タグクラウドをカスタマイズ

○ タグのほかキーワードも表示可能

タグクラウドではタグ以外にも、キーワードも表示可能です。

ブログの検索性を改善させるために、タグとともにキーワードの使いやすさも大切。タグクラウドを使えば、キーワードの表示方法にも選択肢が出てきます。

タグクラウドのカスタマイズ機能で、タグとキーワードの表示方法について工夫してみましょう。

○ タグ使用数を表示するか否か

タグクラウドでは表示タグの使用回数を表示することができます。

タグ使用回数を表示すると、任意のタグに関して、webサイト内でどれくらいの該当記事数があるかをお知らせすることができます。

デフォルト設定でも使用頻度の高いタグは拡大表示されますが、その機能と合わせてタグ使用回数を表示することで、タグ毎のコンテンツ充実度をユーザーへ提供することができます。

○ タグクラウドの名前も変更可

タグクラウドは名前を変えることができます。

たとえばwebサイトの個性を出すために『お得情報一覧』や『獲得可能なスキル』など、訴求したい名前にするのも有効です。

小さなことですが、タグからwebサイトの特徴を出していくのも一考です。ユーザーの感性を刺激していきましょう。

プラグインでタグクラウドを編集

○ TaxoPressを使ってみる

さて前述ではデフォルトのタグクラウドの利用方法について紹介しましたが、プラグインも存在します。

自身が使いやすかったタグクラウドではTaxopressが挙がります。定番プラグインにsimple tagsというのがあったようですが、現在はTaxoPressが検索結果に表示されます。

simple tagsもさることながら、TaxoPressも負けず劣らず中々の機能を有します。タグクラウドをカスタマイズを考えるならプラグインも検討してみましょう。

○ まずは導入して有効化してみよう

プラグインTaxoPressの導入方法は簡単です。まずは導入して有効化してみましょう。

既存のタグクラウド同様に、デフォルトでもそこそこ使えるTaxoPress。Taxopress経由でのタグクラウドの設置は難しくありません。

それでは後述で具体的な設置方法について見ていきましょう。

TaxoPressの使い方

○ 外観→ウィジェットから設置

プラグイン『TaxoPress』を導入、そして有効化したら設置準備は完了です。

次にすることはwordpressダッシュボードの外観から、ウィジェットを使って設置してみましょう。TaxoPressを有効化すると、ウィジェットの一覧へタグクラウドTaxoPressバージョンが候補として表示されます。

TaxoPressでのタグクラウドを表示するには、サイドバーなどへ設置してみます。下記の要領です。

wordpressにはSEOにはタグクラウドの使い方をマスターしよう。

これでwordpressブログへのTaxoPressタグクラウドの表示が可能となりました。

ちなみにデフォルト設定で表示してみると、下記の感じになります。

wordpressにはSEOにはタグクラウドの使い方をマスターしよう。wordpressにはSEOにはタグクラウドの使い方をマスターしよう。

上記は自身ブログのサイドバーに設置した例になります。デフォルトでフォントサイズ、色、表示数なども設定されており、見やすさや使いすさはお使いのテーマや背景色との相性もからんできます。

ということでカスタマイズにも見ていきましょう。

○ 色を変える

まずは簡単にウィジェットタブで変更可能な設定から見ていきましょう。まずは色の変更から。

ウィジェットにおけるTaxoPressタグクラウドでは、font color miniやfont color maxといった色の変更が可能になります。

font color miniでは使用頻度最小値タグの色を、font color maxでは使用頻度最高値タグの色をそれぞれ変更可能です。

色調変更を上手に用いて、タグの見栄えを整えましょう。

○ 最大表示数を変える

タグクラウドの最大表示数は45で設定されています。TaxoPressではこの最大表示数も変更可能です。

wordpressを長く続けていると、どうしてもタグの種類も増加して、初期最大表示数だとタグクラウドに表示しきれなくってきます。

その点、TaxoPressを用いると最大表示数を増やすことで、表示漏れしていたタグを表示することができるようになります。

ただし、表示数が増えることでユーザーの使いやすさがどうなるかも考えなければなりません。ユーザーの関心が集中しやすいタグ表示を心掛けましょう。

タグクラウドのカスタマイズでユーザビリティを改善。プラグインも上手に使おう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA