楽天回線やパートナー回線エリアを理解してアンリミットを上手く使う

楽天モバイル利用に必要な回線範囲やパートナーエリアを解説。

Rakuten unlimit申し込みの前の検討事項のひとつ『回線エリア』。楽天回線やパートナーエリアを理解して、申し込みの判断基準を理解しましょう。

目次

楽天モバイル回線エリアとは

楽天基地局を利用した楽天回線エリア

楽天回線は楽天基地局のアンテナ圏で、電波を利用する回線エリアになります。

また楽天回線エリアでは、楽天モバイル利用者は容量制限なく、高速で使い放題といったメリットがあるようです。

なお、利用環境によっては通信環境を制御されることもあるようです。楽天回線と使うには、そういった状況があることも頭に入れておきましょう。

楽天回線が利用できる地域

楽天回線が利用できる地域は検索することが可能です。楽天モバイル公式ページで紹介してくれています。

楽天モバイル 楽天回線 などで検索してみましょう。対象ページがヒットします。

さらに地域検索ボックスも用意してくれていて、自身の住む市町村を入力すれば楽天回線の敷設状況を把握することができます。

まずは一度調べてみることをオススメします。

楽天回線の範囲は更新中

前述のページで楽天回線が利用可能な範囲をだいたい把握できたと思います。でも人によっては楽天回線がまだ来ていないといった方もいるかもしれません。

そんな人も悲しむなかれ。楽天回線の基地局エリアは更新されています。楽天回線が来てなかった地域の方も、時々エリア拡大状況を調べてみましょう。

また楽天モバイルは楽天回線のみならず、パートナー回線でも利用可能です。続いてパートナー回線についても解説していきます。

楽天モバイルパートナーエリアとは

楽天回線が受信しにくい場所はパートナー回線

楽天回線の基地局エリアは拡大中ですが、まだまだ対応しかねる地域も存在します。

そんなときに活躍してくれるのがパートナー回線。楽天回線が受信しにくい場所であっても、パートナー(au)の基地局エリアを利用して、データ通信を可能にしてくれます。

楽天モバイルでのデータ通信エリアを、パートナー回線が補填してくれるという仕組みですね。

楽天モバイルパートナー回線が使える地域

楽天モバイルパートナー回線が使える地域も、ある程度は検索できます。

前述した楽天回線エリアの検索ページを表示してみましょう。楽天回線のほかパートナー回線が色分けされて表示されているのが分かります。

パートナー回線が色付けされている地域は、おおむねパートナー回線が利用できる状況にあるようです。

楽天パートナー回線のバンドについて

楽天パートナー回線に関しては「高速データ容量が月5GBまで」、「容量超過後は最大1Mbpsでで使い放題」とされています。

ちなみに通信速度にはベストエフォートが採用されているとのこと。ベストエフォートは混雑具合によって、通信速度が可変する仕組みです。

パートナー回線には楽天回線と違う形式を取っていることも覚えておきましょう。

楽天通信圏なら利用を検討してみよう

まずは楽天unlimitプランを確認

さて楽天回線エリア検索で調べてみて、対象者なら利用を検討したいところ。まずは楽天unlimitプランを確認してみましょう。

前回記事でも紹介しましたが、Rakuten unlimit Ⅵでは、1GBまで0円利用可能など他社にはない利用プランを提供してくれています。

そのほか随時キャンペーンも展開されています。楽天エリア対象かつプランに魅力を感じたら、Rakuten unlimitの申し込みを検討してみましょう。

ユーザーの声も聴いてみよう

利用者激増中の楽天モバイル。現在は一年間無料などのキャンペーンは無くなったものの、他社にはないプランで勢いに乗っています。

利用者が増えた分、ユーザーの声もいたるところで聞こえます。身近に楽天ユーザーがいれば利用状況を聞くもよし、楽天に申し込んだブロガーの意見を閲覧してみるのも参考になります。

公式ページでのプランもさることながら、実際に利用してみた他者の感想なんかも参考にしてみるのもよいのではないでしょうか。

楽天モバイルに申し込む前に楽天回線とパートナー回線を理解する。プランと回線状況双方で申し込みを検討しよう。

Pocket