現代の働き方「テレワーク」。在宅勤務について理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りの在宅勤務。テレワークでの働き方改革について紹介します。

 目次

テレワークでの在宅勤務

テレワークのテレとは

去年から提唱されてきた働き方改革として注目されている『テレワーク』。導入している企業はどんどん増えています。

ところでテレワークのテレとはどういう意味なんでしょうか。テレワークを英語表記にすると『telework』。この『tele』は接頭語で『遠くへ』という意味を表します。

たとえば『tele』を用い言葉には『telephone』や『television』などもあります。telephoneは電話なので音声を遠くへ伝える、televisionはテレビなので映像音声を遠くへ伝える単語になります。

つまりteleworkは『遠隔で場所を問わず仕事をする』といった意味になります。

テレワーカーのメリット

テレワーカーとして働けるとたくさんのメリットがあります。

たとえば通勤時間や通勤費用の短縮。通勤の要していた時間や費用がまるまる浮くのがテレワーカーのメリットでしょう。特に通勤時間が減った分、ギリギリまで寝ていられるなんて方も多いのではないでしょうか。

そのほかのメリットとして、仕事における自宅での立ち振る舞いはある程度自由になります。出社するには身だしなみを整え、立ち振る舞いなど周囲のまなざしを気にしなければなりません。しかし一部web会議を除いて、自宅での立ち振る舞いは自由となり、仕事におけるストレスは軽減されることでしょう。

テレワークの課題

そんなテレワークですが、問題がないわけれはありません。特にセキュリティ面は課題に挙げられます。

会社で取り扱う文書やファイルなど、持ち出し厳禁のモノも少なくありません。そういった書類の取り扱いには、テレワークの導入に関して慎重さを要求されます。

つまりテレワークは職種や業種により、相性の良し悪しがあるということも覚えておきましょう。

IT職種はテレワーク向き

IT職種とは

IT職種と聞いてみなさんはどんな仕事を思い浮かべますか。プログラマーやシステムエンジニアなどは、IT職種の主たる存在です。

これらソフトウェア開発の仕事は、プロジェクト単位などチームで仕事にあたるものの、どちらかというと個人のスキルに寄与するところが大きい職種です。

各々が必要な部分を担い、ソフトウェアという成果物を仕上げていくという点では、テレワーク向きの仕事といえるでしょう。

リモートワーク開発環境の進化

上記のようなプログラマーやシステムエンジニアといった仕事は、それ自体がテレワーク向きですが、それだけではテレワークは推進されません。

テレワークと同義語に『リモートワーク』という言葉があります。こちらも要約すると『遠隔での仕事』になります。遠隔業務を実現するためには、それなりの開発環境が必要です。

ソフトウェア開発を進めるためには、相応のパソコンやセキュリティ回線などの導入が必要です。現在ではテレワークの推進もあり、いくぶん導入コストは下がってきています。

そういった環境設定の面でも、テレワーク導入のハードルが下がってきているともいえるでしょう。

テレワークを支援するGithub

ソフトウェア開発におけるweb支援ツールとして有名なのが『Github』です。

ソフトウェア開発は各プログラマーが担う開発部分を、それぞれ統合しつつ開発を進めていかなければなりません。そういった統合開発支援ツールがGithubになります。

パソコンやネットワークなどのハード面での導入コストのほか、こういったソフトウェア開発支援ツールの登場もテレワーク推進へ大きく寄与しています。

CADオペレータもテレワーク向き

CADとは

CADは建築業界など、製図を要する業界で用いられているソフトウェアになります。

建築における図面には、資材の長さや太さを記載し、それら資材をどう組み立てるかといった情報を更新していかなければなりません。

そして大がかりな建築図面だと、製図も分業となり手分けする必要があります。その際、CADはレイヤーといった階層技術で担当者が担う部分を分割し、共同作業を可能にしてくれます。

そんな分業可能で職種であるからこそ、CADオペレータはテレワーク導入可能な職種として注目されています。

現在の主流はAuto CAD

AutoCADの利用のためには、有料でインストールが必要ですが、導入によりたくさんのメリットが得られます。

AutoCADは建築設計のみならず、土木設計や機械設計など様々な業種で幅広く使われています。そのためユーザーが多く、いまなおCADの主流はAutoCADといっても過言ではないでしょう。

また、AutoCAD利用のメリットとしては、AutoCADで作成したデータの受け渡しの際に、データ変換を要さないことです。分業の多いCAD業務ですが、そういった点でもAutoCADのメリットであるといえるでしょう。

無料のJW CADも人気

AutoCADが有料である一方、無料で使えるCADソフトとして人気なのがJw CADです。

無料といえど侮るなかれ、建築設計や機械設計、設備設計など幅広く利用されています。また発行ファイルも『PDF』や『.SFC』など、互換性に優れているとこも特徴的です。

現場でも利用頻度の高いJw CADですが、無料ということもあり個人でCAD勉強するのにも便利です。CADオペレータを目指すなら、まずJw CADから勉強し始めても良いかもしれません。

様々な職種で推進されるテレワーク。転職目標には働き方改革の視点も取り入れよう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントを残す

*

CAPTCHA