wordpress site kit by googleとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressを運用するなら、導入を検討すべきsite kit by google。

今日の記事ではプラグインsite kit by googleの便利な使い方について解説します。

 目次

site kit by googleとは

google機能を集約したプラグイン

site kit by googleとは、wordpressを運用していく上で大切なgoogle機能を集約したプラグインになります。

wordpressを運用していく上で、どれくらいのアクセスがあったか、人気の記事はどれなのかなど、日々のwordpressブログのパフォーマンスが気になるところ。

site kit by googleでは、そんなwordpressブログのパフォーマンスに関する情報を提供してくれる機能が備わっています。

site kitのwordpressサポート機能

site kit by googleでのwordpressサポート機能に関して、接続できるサービスは下記の通りです。

□ google search consle
□ google analytics
□ google adsense
□ Page speed insite
□ オプティマイズ
□ タグマネージャー

自身はこの中でsearch console、analytics、adsense、pagespeed insiteを接続してsite kitを利用しています。

なお接続の前に、google search consoleやgoogle analytics、google adsenseのアカウントの作成が必要になる点を留意しておきましょう。

site kitのset up

site kit by googleを利用するなら、まずはプラグインをダウンロードしましょう。

site kitの機能を活かすには、下記のように設定画面からgoogleサービスと接続する必要があります。

自身がアカウントを作成済で、接続が必要なサービスを選んで登録しましょう。

site kit by googleで出来ること

site kitサイト概要データ表示

site kit by google ではサイト概要データを確認することができます。

下記画像はダッシューボードから確認できる『トラフィック概要』『検索ファネル』『ユーザー獲得』に関する情報です。

なお上記の情報を得るためには、ソースとしてsearch consoleやanalyticsのアカウントが必要となります。

サイト概要データを閲覧するなら登録しておきましょう。

site kitとadsenseサマリー

google adsenseを通過している人は、site kitと連携してそのサマリーを表示することも出来ます。

adsenseサマリーでは、下記データの過去28日間に関する情報を提供してくれます。

□ 収益
□ ページRPM
□ インプレッション
□ ページCTR(クリック率)
□ 収益時系列グラフ

なおセットアップや閲覧がうまくいかないときは、アドブロッカーなどを一時的にオフにするとadsenseサマリーが見れるようになります。

site kitでページ速度分析

site kit byの便利機能のひとつにページ速度とエクスペリエンスの表示機能があります。

下記のように『ページ読み込み完了からクリック可能になる待ち時間』や『ページの読み込み要する時間』、『ページ要素の安定性』について評価してくれます。

またそれら情報に加えて『サイトの改善方法に関する提案』も表示してくれます。

各タブをクリックすれば、具体的な改善方法を確認することもできます。サイト運営に活かしていきましょう。

site kit by googleを活かす

詳細分析と使い分ける

site kit by googleはwordpress管理画面を開いて、パフォーマンスのサマリーを確認するのにとても便利です。

ですが詳細な分析を展開しようとするなら、サマリーでは少し物足りないところもで出てくることでしょう。

そんなときにはsearch consoleやanalyticsへログインして、期間設定など条件を変更して解析していく必要があります。

サマリーは確認程度、詳細分析は各サイトでという風に、上手に使い分けていきましょう。

ブログの効率化を図る

site kit by googleを使うとワンストップでwordpressの情報を得られるのがメリット。

順調にアクセスが伸びているか、organicな検索割合は変化ないかなど簡単な情報収集で、wordpressブログの状況が一目で分かります。

効率的な時間の使い方をするためにも、sit kitの機能を活かしましょう。

wordpress管理には、site kit by googleを導入して効率的な運用を展開していきましょう。

Pocket

     

コメントを残す

*

CAPTCHA