youtube studioでの動画投稿の詳細を知ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーチューバーになるにはyoutube studioから動画投稿しよう。

ユーチューバーになるには。youtube studioの詳細な使い方を理解しよう。

目次

youtube studio利用にはまずアカウント作成

youtubeアカウントを作成するには

本日の記事内容を意識した動画を作成しました。参考までに貼っておきます。

さて本題のyoutubeアカウント作成に戻りましょう。

youtubeアカウントを作成するには、まずはログインボタンを押してみましょう。

動画視聴だけなら必要ないログインボタン。アカウント作成はログインから始まります。

ログインボタンを押すと、アカウント作成用のボタンも表示されます。指示に従ってアカウントを作成していきましょう。

動画投稿用のチャンネルを作る

youtubeアカウントを作成できたら、動画投稿用のチャンネルを作成することができます。

チャンネルを作ると、youtube studioにおける動画管理や、アナリティクスでの分析など様々なサービスが利用できようになります。

まずはチャンネルの操作画面に慣れていきましょう。

チャンネルの見た目は編集可能

チャンネルを作成すると、動画一覧や再生リストなどを視聴者へ提示できます。

またチャンネルで表示される画像は編集可能です。自身が貼りたい画像をアップロードできます。

チャンネルの印象を決めるチャンネル画像。見た目でのインパクト、提示したい雰囲気を意識した画像を貼り付けるようにしましょう。

ユーチューバーの動画投稿設定

動画投稿は動画アップロードから

動画投稿は動画アップロードからスタートします。

動画アップロードへの手順を確認しましょう。youtubeアカウントを作成してログインした状態で、設定を選択しましょう。すると自身が作成したチャンネルページへの移行画面が開きます。

自身チャンネルページへ移行するとyoutube studio管理画面に入れます。そこに『動画をアップロード』といった画面があるので、そこをクリックして投稿したい動画を選択すれば動画投稿ができます。

投稿動画のタイトルを設定

動画を投稿すると、その動画のタイトルを編集することができます。

タイトルは動画説明のいわゆる『見出し』として表示されます。動画内容を説明した分かりやすく簡潔なタイトルをつけるのがオススメです。

タイトル決めで迷ったら、同ジャンルでの競合者を参考にタイトルを決めても良いかもしれません。

○ 動画説明文も忘れずに

動画概要を説明する『動画説明文』があると、視聴者に親切です。

動画に長短はあれ、視聴時間は視聴者の時間を拘束します。視聴者もコンテンツの内容で『何を楽しめるか』『何が学べるか』といった概要を先に知ることができると助かります。

そういった視聴者のニーズを満たすのが『動画説明文』。たとえば上記動画の説明文では『最新の医療ニュースを理学療法士の立場から説明します』と記載しています。

コンテンツの概要、訴求したいことを意識して動画説明文を盛り込んでみましょう。

youtube SEOを意識するなら

タグ付けを実施

ブログにSEOがあるように、youtubeでもSEOを意識して動画設定をすることが大切です。

SEOを意識するなら、『タイトル』『動画説明文』と同様に大切なのが『タグ付け』。youtube動画におけるタグ付けは、動画編集画面で動画説明文を盛り込む際に、半角の#をつけて実装することができます。

上記動画だと『#医療 #ニュース #理学療法士』と、3つのタグをつけています。

ユーザーの意図した検索と合致するようタグ付けを行いましょう。

サムネイルも大切

ブログでも『アイキャッチ画像』で視覚的イメージを意識するように、youtubeでも『サムネイル』を意識しましょう。

一目見て動画内容を想起させるサムネイルなら効果的。動画内容と一致したイメージ画像を選択しましょう。

サムネイルの考え方は人それぞれです。テキストを大きく盛り込む方、自身を大きく映りこます方いろいろあります。どういったサムネイルが効果的であるかは、投稿を継続しつつ上手い人から学んでいきましょう。

トレンドを意識しよう

youtube動画にも流行り廃りがあります。トレンドを意識しましょう。

たとえば去年は『マスク手作り動画』なんてのが流行りました。裁縫が得意な方が、必要な道具から作成方法を紹介している動画がたくさん投稿され、それぞれ視聴者数を稼いでいました。

なおトレンドを意識すると視聴者数のボリュームも大きいですが、競合者が多いのも事実。トレンドと合わせて、自身でしか紹介しえないニッチな動画を作れるなら、ニッチな部分も意識した動画投稿も良いでしょう。

youtube studioを理解してユーチューバーデビュー。あなただけのオリジナルコンテンツを投稿していこう。

Pocket

     

コメントを残す

*

CAPTCHA