いま流行りのギグワークとは。仕事や副業の探し方を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隙間時間を上手に使えるギグワーク。現代の仕事の探し方を解説。

最近ニュースでもよく目にする機会がある『ギグワーク』。いったいギグワークとはどんな働き方なのかを確認しておきましょう。

 目次

ギグワークとは

単発の仕事をこなす働き方

最近よくニュースでも耳にするようになった『ギグワーク』。いったいどんな働き方を指すのでしょうか。

ギグワークとは会社に属さず、単発の仕事をこなす働き方のひとつです。

イメージとしては隙間時間を上手に使って、仕事を入れて収入を得るといったものになります。

ギグワークの仕事の種類

ギグワークの仕事の種類について確認しましょう。

たとえば食品デリバリーサービスのUber Eats。この仕事を主たる仕事ととしてる人もいますが、会社員をしながら退社後の時間を使ってギグワークとしてこなしている人もいます。

そのほかコンビニのアルバイトをギグワークとしてかけもちしている人もいます。

このようにギグワークには様々な種類の仕事が該当します。

ギグワークは副業として注目されている

近年、ギグワークは副業として注目されています。

前回記事でも紹介しましたが、会社員としての収入が伸び悩む昨今、隙間時間を有効に利用して年収増を図る人は増加傾向にあります。

そういった需要をふまえて、ギグワークの需要や従事者は今後も伸びていきそうです。

ギグワークのサイトでの探し方

ギグワークをタイミーで探す

それでは実際にギグワークをどのように見つけるのかについて確認していきましょう。

まずは『タイミー』でのギグワークの探し方について。

まずはタイミーのアプリをダウンロード。そして同アプリで仕事を選んで申し込み、働くことで報酬を得られる仕組みとなっています。

仕事を検索するとデリバリーフードサービス、飲食店スタッフ、ピッキング作業など様々な仕事を紹介してくれています。

ギグワークをココナラで探す

次にココナラでのギグワークの探し方について。

ココナラではあなたの持つスキルを売り買いできるサイトです。売買カテゴリーを見ると、イラストレーターやweb制作、動画編集やビジネス相談など様々なものがあります。

募集したいスキル、もしくは買ってほしいスキルの値段のつけ方は様々な様子です。

ギグワークとして自身のスキルで稼ぐなら、まずはスキルを売りに出してどれくらい需要があるのかを確かめてみるのもよいかもしれません。

ギグワークスで探す

最後にギグワークスでのギグワークの探し方について。

ギグワークスはその名の通りギグワークを斡旋してくれるサイトです。使い方は簡単。まず登録して仕事検索、折り合いつく仕事あれば申し込んで報酬を得るといった流れになります。

具体的な仕事検索方法についても見ておきましょう。

サイトを訪問して下へスクロールすると『Gig worker新規登録/詳しい内容はこちら』といったリンクボタンをクリック。遷移したページで仕事を検索をクリックすると、募集中のギグワークを閲覧することができます。

また仕事内容もキーワードや場所、作業時間で抽出することが可能な仕様となっています。

これからのギグワークス

yahoo募集のギグパートナー

最近ではyahooも『ギグパートナー』を募集して、ギグワーク市場へ参入してきているようです。

yahooのギグパートナー募集サイトを確認してみると、契約形態は原則として業務委託。勤務地は原則として出社を伴わないオンライン業務。

選考方法はまずエントリー。そして書類選考と面談を経て、折り合いつけば契約となっているようです。

募集ポジションもエンジニアやデザイナー、ビジネスと多種多様。詳細はギグパートナー募集ページに掲載されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

フリーランス募集サイトも併用

ギグワークを探すならフリーランス募集サイトを併用してみるのもよいかもしれません。

フリーランス募集サイトであれば『ランサーズ』や『クラウドワークス』などを利用することで、仕事検索も可能です。

ギグワークはここ数年で出てきた言葉ですが、スキルを活かして時間や場所を選ばす働けるという点では、フリーランスでの仕事の探し方も相性がよいことを覚えておきましょう。

現代の働き方ギグワーク。自身のスキルを活かして、時間や場所を選ばず収入を得る手段を獲得しよう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA