転職活動の選択肢。企業求人への直接応募の長所と短所を解説。

転職活動にはハローワークや転職サイトを経由せず、直接応募できるものも多数あります。

そんな企業求人への直接応募のメリットやデメリットについて確認していきましょう。

 目次

転職での直接応募のメリット

企業求人へすぐさま直接応募できる

転職活動で直接応募するメリットのひとつとして、すぐさまスピーディに応募できるといったメリットがあります。

企業が求人を出している最も大きな理由は人材不足。不足人員を確保するために、求人を出しているわけですが、人員が埋まれば募集を打ち切ります。

もし自身が行きたい企業があっても、いつまでも求人を出してくれているワケではありません。気になる企業のウェブサイトを見ていて、求人募集が出ていればすぐ応募できるというのも、直接応募のメリットになります。

企業側の費用負担が少ない

所属組織で人材登用の部門でも関わりのある筆者ですが、企業側の直接応募のメリットとして費用負担が少なくなるといった点が挙げられます。

たとえば転職エージェント。求職者そして企業側へも上手に斡旋してくれる転職エージェントですが、企業側は紹介案件で成約した場合など、費用がいくらか発生します。

その点では、自社ウェブサイト求人を見てそのまま直接応募してくれた場合、企業側の費用負担は少なるなるメリットがあります。

似たような能力の求職者がいた場合、そういったコストが内定につながるか否かのポイントになるかもしれません。

転職での直接応募のやり方

求職中で企業への直接応募をしたことがない方のために、少しやり方を解説しておきます。

応募自体はそんなに難しくありません。企業のホームページを見ていると、求人案内のページが設置されていれば直接応募は可能です。

直接応募の方法に関しては、求人案内ページで名前や住所、応募職種を入力するフォームが設置され、入力を終えてから数日後に応募の可否や面接日程をメールしてくれるところがあります。

そのほか、履歴書や職務経歴書を直接企業の採用担当に送るよう指定されるところもあります。

まずは気になる企業があって働きたいのであれば、ホームページから求人案内が出ていないかかを確認してみましょう。

転職での直接応募のデメリット

直接応募だとエージェントの斡旋がない

転職応募での直接応募のデメリットについても確認しておきましょう。

ひとつにはエージェントの斡旋が受けられないということ。昨今の転職活動はエージェント利用の方も多数いるため、その点は着目する必要があります。

転職エージェントを利用すると、募集したい企業の応募状況や欲しい人材像なんかも詳しく教えてくれます。

つまりミスマッチを減らし、確度高い転職活動への実現のために必要な斡旋サービスが、直接応募では受けられないデメリットも認識しておきましょう。

スケジュール管理が難しい

次に紹介するデメリットはスケジュール管理が難しいとうこと。

転職活動は在職中から始められる方も多く、そんな方々は退社後や公休日などを使った隙間時間を使って面接へ挑むことになります。

もし転職エージェントが介入していると、自身の面接可能日を指定しておくことで、そこに合致する希望企業を紹介してくれます。

計画的な転職活動とするためには、こういったスケジュール管理も大切になってきます。

求人検索に時間を要する可能性も

最後に紹介する直接応募のデメリットとして、求人検索に時間を要する可能性があるということです。

転職サイトもしくは転職エージェントを利用すると、希望勤務地や業種、職種などを容易に絞り込むこむことが出来て、求人検索も素早く可能です。

しかし直接応募では気になる企業があっても、各社ウェブサイトで求人があるか否かなどを確認するのには時間お要します。

求人検索をスピーディさを考えるなら、直接応募より転職サイトの利用のほうに軍配が上がりそうです。

転職活動には様々な選択肢がある

自身に合った転職プランを

今日は直接応募のメリット、デメリットについて紹介しましたが、伝えたかったのは転職活動には様々な選択肢があるということ。

今日紹介した直接応募のメリット、デメリットに照らし合わせて、自身に合った転職プランを検討することが大切です。

転職プランはどんな企業にいつ、どんなタイミングで転職するかについて、ベストなプランは個人差があります。

転職活動は余裕を持って挑もう

もうひとつ伝えておきたいのが、転職活動には余裕を持って挑むのが大切ということ。

転職活動は求人検索、応募、面接、引継ぎから退職、新入職といろんな手間や時間がかかります。

逆に言えば、『○年○月までに転職したい』という具体的な目標があるのであれば、転職活動へ要する時間から逆算した時期から、転職活動を始めねばなりません。

人によっては思い描いた転職活動と乖離し、思ったより時間を要する方もいらっしゃいます。

転職活動成功のためには、イレギュラーにも対応できるよう余裕を持った時間設定で挑むことが大切ということも覚えておきましょう。

転職活動なら企業求人への直接応募のメリットやデメリットを知って、選択肢を広げておこう。

Pocket